リビン株式会社の特徴【一流の人材ばかりなので安心して相談できる】

買主は0円の仲介手数料

女性

高い交渉力で大幅な値引き

不動産業界には、両手と呼ばれる業界用語があります。これは、仲介手数料を売主と買主の両方からもらうという意味です。もし、売主と買主の仲介業者が同じであれば、仲介業者は2者から仲介手数料をもらえる仕組みです。仲介業者にとっては非常に美味しい話ですが、不動産を購入される方には嬉しい話ではありません。これから東京都や埼玉県で不動産を購入しようとご検討の方は、両手を自ら拒否しているリビン株式会社に相談されてはいかがでしょうか。リビン株式会社は、不動産を購入される方を徹底的にサポートしている不動産会社です。理想の不動産を少しでも安く購入できるように、様々なサポートを提供しています。その1つが、仲介手数料の無料化です。物件の売主が不動産会社や建設会社の場合には、リビン株式会社は売主からのみ仲介手数料をもらいます。買主には1円も仲介手数料を請求しないため、手数料の負担を大きく抑えることが可能です。もし、物件の売主が個人の場合でも、仲介手数料はお得になります。通常の仲介手数料の半額しか請求せず、理想の不動産購入に導きます。また、値引き交渉力が高いのもリビン株式会社の魅力です。常に最大値引きを目指し、粘り強く限界まで価格交渉をしてくれます。値引きできないと思われるような物件でも、リビン株式会社であれば値引きを実現します。数百万円もの値引きに成功したケースも多く、仲介を依頼した方からは絶大な支持が集まっています。

Copyright© 2018 リビン株式会社の特徴【一流の人材ばかりなので安心して相談できる】 All Rights Reserved.